創業資金のお悩み無料相談受付中!

創業融資実績会社設立実績相談実績

0120-922-203

受付時間 9:00~18:00(土日祝も対応可)
フリーダイヤルです

開業資金の調達をお考えの堺エリアの起業家必見!創業時におすすめな資金調達方法

堺市周辺で起業をしたい!開業資金に関するこんなお悩みはありませんか?

・事業が軌道に乗るまでの運転資金を調達したい
・自分に適した資金調達方法を知りたい
・創業期に最適な資金調達ってなに?
・これから起業を考えているが資金調達方法について詳しく知りたい
・日本政策金融公庫からの資金調達を考えているが融資が通るか不安

 

創業時は資金調達はすべきなのか!?

「最初は借入を行わないで、軌道に乗ったら金融機関から資金調達を行おう」と思っている方は少なくないと思います。

ただ、創業からしばらく経った後で、金融機関から資金調達を行おうとすると、必ず試算表の提出が求められます。

事業が軌道に載っていて黒字経営を続けられていれば、特に問題はありませんが、事業が必ず黒字になるという保証はどこにもありません。
事業が思うようにうまくいかなかった場合、金融機関に提出する試算表は財務状況が良くないものになります。その場合、金融機関の目もかなりシビアになり、融資も通りづらくなってしまうでしょう。

しかし、創業から3か月以内であれば、スタートしたばかりなので試算表の提出を求められることは少ないです。
融資の可否判断は試算表や決算書ではなく、事業計画で判断されることが多いです

また、創業期には金利の低い日本政策金融公庫の創業融資制度など、創業者向けの制度を活用しやすいのも大きなポイントの一つになります。

 

創業時に活用できる主な資金調達方法

創業時に活用できる主な資金調達方法を4つご紹介致します。

1.日本政策金融公庫の創業融資制度を使った資金調達

日本政策金融公庫には創業融資制度があり、創業期に活用しやすい資金調達方法のうちの一つになります。
民間金融機関と比べると、借入での金利が低く設定されています。また固定金利での返済もありますので、返済までの計画が立てやすいのも大きな特徴です。
下記、創業時に活用しやすい日本政策金融公庫での創業融資制度になります。
対象となる創業融資制度を活用して資金調達を行いましょう。

①新創業融資制度

新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする設備資金および運転資金に活用

②女性、若者/シニア起業家支援資金

「女性、若者/シニア起業家支援資金(新企業育成貸付)」などのご融資を通じて、事業開始後おおむね7年以内の女性の方、35歳未満か55歳以上の方が対象。

上記でご紹介した以外にも多くの創業融資制度が日本政策金融公庫にはあります。どれが資金調達する際に適しているのか専門家がアドバイス致します。

2.保証協会を通した金融機関の借入

「信用保証協会」という公的機関に保証人になってもらい、民間の金融機関から融資を受ける制度です。
公的な信用保証協会が保証人になるため、金融機関からの資金調達しやすくなります。
もし、返済不能になってしまった場合、信用保証協会が代わりに金融機関へ返済を行い、信用保証協会に返済を行う形になります。

3.信用金庫・信用組合

信用金庫・信用組合は銀行組織とは違い、地域に根差した協同組合になります。主な取引先はその地域にいる中小企業です。銀行と比べて、基本的には少額の融資に積極的でもあります。そのため、創業融資に積極的でもあるでしょう。
普段使われている方は少ないため、馴染みは薄いかもしれませんが、創業融資を検討する場合ぜひ検討してみましょう。

4.地方銀行

地方銀行は、特定の地域名などが入っていることが特徴です。
地方銀行では、創業融資に積極的な銀行と積極的ではない銀行があります。
積極的かどうかは、HPなどで創業融資を押しているかどうか、またはセミナーなどを開催しているかで判断してください。

 

創業融資の審査を通過するための重要ポイント2つ

創業融資の審査には必ず見られるポイントがあります。それは「事業計画書(創業計画書)」「自己資金」です。
以下ではこの2つに必要な要素について詳しく解説していきます。

1 実現可能性の高い事業計画書(創業計画書)

事業計画書(創業計画書)には
①内部環境分析
②外部環境分析
③事業目的
④計画実現性
この4つが必ず含まれているか確認しましょう。

①内部環境分析

内部環境分析は自分が今まで培ってきた経験をもとにした強みです。
今までの経験を活かした創業になっているのか、計画書の上でアピールすることが重要です。創業融資の場合、今までの「経験」が融資可否判断の要素の一つになっていることがあります。この今までの経験とこれから行う事業計画がどれだけどれだけ紐づいているのかが重要になります。

②外部環境分析

外部環境分析はこれから行っていく事業に関して現状の他社状況です。
同じ商圏範囲内で同業者がどれくらいいるのか、それに対してどのように差別化を行っていくのか、またどれだけ商圏内に需要があるのかについて詳しく記載する必要があります。
例えば、有名なマーケティングフレームであるPEST分析などを用いて行いましょう。金融機関はこれらから、どのように他社と差別化して集客を行っていくのかの判断材料になります。

③事業目的

事業目的はこれから行っていく事業領域とその理由になります。事業目的は以下の3つが含まれていることが重要になります。

明確性

事業目的の理由は取引の安定性の確保のため、事業目的が何をやっているのかわからないと信用できないこととなります。

営利性

会社の設立は利益をあげることを事業目的にする必要があります。なのでボランティアや慈善活動は事業目的にすることは出来ません。

適法性

事業目的が法律に遵守しているのかということです。例えば、違法ドラックの輸入販売など法律で禁止されていることを事業目的にすることは出来ません。

④計画実現性

計画実現性とは、計画通りに収益化が可能であるかどうかになります。
黒字転換するのかいつになるのか、営業利益率はどれくらいで、返済完了時期はいつになるのかについて金融機関を納得させられる計画書であることが重要です。
金融機関は、当たり前ですが、計画の時点で返済が難しい事業計画には融資を行いません。

これら4つの要素をしっかりと事業計画書(創業計画書)に含めて、「金融機関から評価される計画書」を作成することが重要です。

2 融資額の1/3の自己資金

自己資金の額はビジネス(事業)に対する熱意・本気度をはかる1つの基準としてみなされます。
自己資金をどれだけ、どの期間かけて貯めてきたのかは審査項目の中で大きな判断基準になります。

審査の際には、事業計画書だけでなく預金通帳を提出し、自己資金をどのように貯めてきたのかまで見られます。タンス預金など、出所不明なお金の場合審査基準で大きなマイナス要因になります。
一般的には、受けたい融資額の1/3程度の自己資金がない場合、満額で融資が通る確率はかなり低くなります。

上記2点を踏まえて、自分の創業融資が通りそうか判断する必要があります。
もしどれか1点でも欠けていた場合、創業融資の獲得はかなり難しくなってしまう可能性があります。

希望額通りの創業融資を獲得できるよう、しっかりと準備をしていきましょう!

 

融資を受ける以外に開業資金の調達方法はある?

融資を受ける以外にも開業資金の調達方法はあります。主な調達方法について紹介致します。

1.株式発行

融資を受ける以外にも、株式会社の場合、株式を発行し投資家に
メリットは、返済義務を負わないということです。株価がもし半分になったとしても、株式として価値が無くなったとしても、返済する必要はありません。
ただし、株の持っている割合によって経営権が決まるため、買収や合併の危険性もあります。

2.持っている資産の売却

不動産や株、債権を持っている場合は、売却することで現金化し、資金調達する方法もあります。
ただ、手持ちの資産が無くなるので、今後の個人の資産形成に大きな影響を及ぼします。

ただ上述したように、創業期は実は「金融機関からお金を借りやすい」時期でもあります。
創業から3か月以内であれば、スタートしたばかりなので試算表の提出を求められることは少ないです。

ですので、他の資金調達方法を検討するよりも、創業融資をまずは検討することをオススメします。

 

開業資金調達のサポートは堺市で創業支援特化の当事務所へ!

専門税理士による無料相談を受け付けております!

堺 創業融資センターでは、調達総額9.1億円&融資成功率98.3%という豊富な資金調達実績に基づいた資金調達サポートを行っております!

今後どのように資金調達を行っていけいいのか、長期的な視点をもって、あなたに最適な資金調達方法をご提案致します。
また資金調達の相談の他にも、事業計画書作成サポートなどのご依頼・ご相談も当センターにお任せください。

初回のご相談は無料で承っておりますので、まずはお気軽に無料相談までお越しください!

>無料相談はこちらから

創業資金のお悩み 無料相談受付中!

0120-922-203

受付時間:9:00~18:00
(土日祝も対応可)フリーダイヤル

創業資金調達サポートメニューsupport menu
  • 創業融資無料診断

    融資のお悩み解決

  • 日本政策金融公庫
    融資サポート

    人気NO.1、オススメの融資!

  • 創業融資サポート

    専門家を活用して
    確実に資金調達!

  • 補助金サポート

    要件満たせば狙える!
    創業期の資金調達方法

  • 助成金サポート

    要件満たせば受給可能!
    創業期の資金調達方法

  • 事業計画書
    作成サポート

    銀行対策+事業の航海図に!

創業サポートメニューsupport menu
  • 株式会社設立
    サポート

    自社で設立するよりもお得!

  • 合同会社設立
    サポート

    費用を抑えて会社を
    作れる!

  • 税務・経営顧問
    サポート

    税務ならお任せ!

  • 財務顧問
    サポート

    看板メニュー!
    成長志向なら必須!

その他コンテンツメニュー
PAGETOP