FCに加盟して開業される方は要注意!!

「「next up!」ビシッっと決める」の写真[モデル:けんたさん]

独立・開業される際にはやはり「本当に上手くいくのか、、、」というところが一番不安なところだと思います。

しかしFCに加盟をして開業をするとノウハウや知名度がいっぺんに手に入るため、
独自で開業するよりもリスクが低く安定して収益を上げることができます。

実際に上手くいくのであればFCに加盟しない手はないと思いますが
日本政策金融公庫に融資を申込む前には注意が必要です。

 

FC本部からもらえる資料を真に受けない!!

開業するまでの流れとしてはFC本部に問い合わせをして加盟先の
FC本部の営業担当の方と打合せをするという流れになるかと思います。

その際に営業担当の方から打合せの資料をもらるはずです。

そしてその資料の中に開業後の予想損益の資料が必ずあります。

予想損益の資料とは開業して1ヶ月目には収益が○○万円ぐらいで半年後には○○万円になります。
という内容が記載されているものです。

この資料は予想なので必ずこうなるというものではないというところを理解しておく必要があります。
加盟先のFCによっては収入の最低保証がある場合もありますのでそこは要確認ですね!!

 

日本政策金融公庫も予想損益の資料を真に受けません!!!

「自社のリークを紙面で知る役員」の写真[モデル:大川竜弥]

問題は日本政策金融公庫もFC本部が作成する開業後の予想損益資料をそのまま鵜呑みにはしないというところです。

それはFCによっても異なりますが開業後の予想損益の資料が「本当にこんなに上手くいくの??」と思うような内容の資料が多いためです。
それが事実であればいいのですが大なり小なり誇張されていることよくあります。

 

創業計画書の予想損益をどうするか!?!?

日本政策金融公庫に提出する創業計画書にも予想損益を記入する箇所があります。
その部分をFC本部からもらった数字をそのまま記入してしまうと・・・

日本政策金融公庫の担当者にもよりますが現実味や実現性が低いと捉えられてしまい
創業融資を断られてしまうというケースもございます。

また本人の経験にもよりますが開業予定の業種が未経験であればなおのこと融資の実行確立は低くなります。
「FCの本部で研修があるから大丈夫です!!」では説得力としては弱いでしょう!!

少しでも不安要素があればご相談ください。
弊社にて適切な創業計画書を作成させていただきます!!

 

無料診断のご案内

川村会計事務所では、上述にてお伝えしたようなこれから日本政策金融公庫などを通して融資をご検討されている方への無料相談はもちろん、創業時における融資獲得のための無料診断を承っています。

また、経験豊富な融資のプロフェッショナルが融資獲得診断だけでなく、

融資申請前にポイント 
融資に欠かせない“創業計画書”のアドバイス

をお伝えさせていただきます。

詳細はこちらよりご確認下さい。ぜひとも創業融資獲得のための機会としてご利用下さい。

 

 

 

創業融資専門家コラムの最新記事

新着情報の最新記事

創業資金のお悩み無料相談受付中! お気軽にお電話下さい 0120-922-203 受付時間 9:00~18:30(土日祝も対応可) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る