創業当初から大きい事業規模で開業したい!そんな方へ!

 開業資金の調達が勝負!!

創業当初から大きい事業規模で開業したいと考えている方というのは現在までに
その業種での経験や実績があり自分がこれから開始する事業に自信をお持ちの方だと思います。
ひとことで言ってしまうとイケてる人ですね。

そしてある程度以上の事業規模で開業したい場合はそこそこの開業資金が必要になってきます。
ということはその開業資金が足りないとそもそも開業できなかったり
想定していた事業規模よりも小さい規模で事業をスタートするしかないということになります。

その開業資金の調達手段として日本政策金融公庫の新創業融資制度があるわけですが
これに専門家の力を借りずにご自身だけで申込みの手続きを進めてしまうと・・・

イケてる人だからこそ陥る罠があります。

 

 その創業計画ほんとにあってますか?ほんとに実現可能ですか?

日本政策金融公庫で創業融資を受ける際に提出するのが創業計画書です。 

「創業計画書」の画像検索結果
創業計画書

創業計画書の中のある項目に事業を開始したらどれだけの売上があがって
どれだけの経費がかかって、どれだけの利益がでるのかを記載する必要があります。

しかしこの項目を作成するのが困難なのです。

なぜかっっっ!?!?!?

独立をお考えの方の自分の武器といえば営業力技術力という方は多いのではないでしょうか?
そのなかでさらに「経理もできるよ」という方は少ないはずです。
そして無理やり創業計画書を作成してしまうと実現不可能な信憑性の低いものができあがってしまいます。

 

プロに依頼することで「金融機関への融資審査通過率アップ」!!!

「東京駅と高層ビル(夜景)」

弊社は会計資料を作成するプロフェッショナルです。
面談時にしっかりヒアリングをしたうえで実現可能な信憑性の高い
創業計画書をお客様と一緒に作成させていただきます。

弊社を経由して日本政策金融公庫に創業融資の申込みをした場合の融資の成功率は96.1%です。

独立して確実に事業を開始したいという方は事業規模の大小を問わずお問合せください。

 

無料診断のご案内

川村会計事務所では、上述にてお伝えしたようなこれから日本政策金融公庫などを通して融資をご検討されている方への無料相談はもちろん、創業時における融資獲得のための無料診断を承っています。

また、経験豊富な融資のプロフェッショナルが融資獲得診断だけでなく、

融資申請前にポイント 
融資に欠かせない“創業計画書”のアドバイス

をお伝えさせていただきます。

詳細はこちらよりご確認下さい。ぜひとも創業融資獲得のための機会としてご利用下さい。

創業融資専門家コラムの最新記事

創業資金のお悩み無料相談受付中! お気軽にお電話下さい 0120-922-203 受付時間 9:00~18:30(土日祝も対応可) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る